fx24時間手数料最安値口座は

fx24時間手数料最安値口座TOP3

FXとは外貨を売買するという投資方法で、外貨預金というものもあるのですが、それに比べるとFXの方が高利回りであることで知られています。外貨預金の場合には手数料が多額に必要ですが、FXの場合には取引方法にもよりますが手数料がほとんどないというメリットがあります。スプレッドと呼ばれるものが手数料代わりにはなるのですが、それでも外貨預金に比べてみるとかなり安いことで知られています。

 

GMOクリック証券

14通貨ペアすべて驚きの低スプレッド!

  • 業界最高水準スワップポイント!
  • PCからスマホまで使いやすい高機能取引ツール!(無料)
  • 大切な資産も安全!100%信託保全!
  •  

     

 

DMM FX

米ドル円だけじゃない!DMMFXは、全20通貨ペア最狭水準でご提供!

  • 初心者からデイトレーダまで、好評の充実取引ツールを取り揃え!
  • 即反映!無料!全国約370もの金融機関でご利用になれます!
  • 営業日24時間お電話やメールでのお問い合わせを対応!
  •  

     

 

YJFX

取引手数料・ロスカット手数料 0円!

  • 少額取引OK 証拠金は約4,000円から!
  • 人気通貨も魅力のスプレッドでご提供!
  • 高金利スワップもお得にご提供!
  •  

     

FXのしくみについて

FXのしくみについて紹介していきたいと思いますが、そもそもこのFXというのは外貨で取引を行います。ふたつの国の間の通貨を売買することで為替取引を行います。1ドルが100円の時に10000ドルを購入したとします。そして1ドルが105円の時にそれを手放したとすると、1ドルに付き5円利益が出ますから、それが1万通貨持っていることになるのでたった5円上がっただけですが1万通貨分となると5万円もの利益を出すことができるという仕組みになっています。日本の金利というのは今世界のどこの国よりも低いことでも知られていますが、二つの通貨の間で金利の差が出ますがそれをスワップ金利といいます。
為替の変動によって為替差益が出ますし、金利の差によってスワップ金利が発生したりします。これらがFX取引で設けられる利益になります。為替が自分の予想と違った方向に動いてしまったときには場合によっては損をすることもありますから、先ほどの状況では1ドルが100円の時に購入して1万ドル買っておいて、それが5円下がって95円になったときに手放したら5円マイナスですが1万通貨分ということになるので5万円損をすることになります。
FXの仕組みは為替の動きに連動していますから、そのことについてよく理解しておく必要があります。最初に外貨を売って円を買う売りから入る注文方法と、逆に売りから入る売買方法とどちらもありますから自分の投資のスタイルによって決めるといいでしょう。

FXの通貨ペア

FXは、二つの国の通貨を購入してその通貨の値の動きにより儲けを出すという投資の方法です。どちらか片方の国の通貨だけを持っていても利益を上げることはできませんから、常に二つの通貨を持ち合わせることで利益を出すことができるという仕組みになっています。この二つの国の通貨のことを通貨ペアと呼んでいます。FX取引での通貨ペアは主に米ドル/円といったような表現の仕方をいいます。基軸通貨/決済通貨という表現の仕方をします。基軸通貨というのは、取引の対象にしたいと思っている通貨のことをいいます。そして決済通貨というのは、その通貨を使って決済したいと思っている通貨のことで、最後まで持っていたいと思っている通貨ということになります。日本の銀行に口座を持ってFX取引をするという場合には、決済通貨は円ということになります。
通貨ペアを売買するという場合には、ある通貨ペアを購入するということについては、決済通貨を売ってから基軸通貨を買うというような流れになります。逆に通貨ペアを売るということは、基軸通貨を売って決済通貨を買うということをいいます。
FX取引の中では、それぞれの通貨には通貨コードと呼ばれるものが決められていて、これを見て決済をすることになります。通貨コードは世界共通で決められているアルファベット三文字で表現されていますから、そちらを使ってFX取引をするという流れになっています。日本の円の場合にはJPYと書きますし、アメリカドルの場合にはUSDというような形になっています。